日本イエス・キリスト教団 尼崎福音教会

定期集会

礼拝式 日曜日 午前10:00
伝道会 日曜日 午後 0:30
祈祷会 水曜日 午前10:30
祈祷会 水曜日 午後 7:30
児童礼拝 日曜日 午前 9:00
中高生科 日曜日 午前 9:30
中高生科 日曜日 午後 4:30


今年の教会の標語と聖句

継続される宣教
そして彼らに言われた、『全世界 に出て行って、すべての造られた ものに福音を宣べ伝えよ。』
(マルコ十六・15)

信仰による祈り
わたしたちが神に対していだいて いる確信は、こうである。すなわ ち、わたしたちが何事でも神の御 旨に従って願い求めるなら、神は それを聞き入れて下さるというこ とである。
(第一ヨハネ五・14)


今年の教団の標語と聖句
聖霊による前進
 ― ビジョン2021・4年目 ー
 (ゼカリヤ四・6) (第一テサロニケ一・5)


毎日、どなたとお話していますか。
何を希望としていますか。
あなたは愛されています。
イエス様は、決してあなたを失望させません。

尼崎福音教会        




■660-0051 尼崎市東七松町1丁目12−2
■TEL/FAX: 06 (6481) 4470
■牧師: 長谷川健二  長谷川宣恵 
■教会創立日: 1953年5月6日 (63年)

今週の「恵みの黙想」

「神の時」

『全ての訓練は、当座は、喜ばしいもの とは思われず、むしろ悲しいものと思 われる。しかし後になれば、それによっ て鍛えられる者に、平安な義の実を結 ばせるようになる。』
                     (ヘブル十二・11)

 すべてが説明され、理由づけられるのは最後の時です。神の目は、いつも究極的なゴールに注がれています。ちょうど良い時に収穫が与えられます!その熱が冷く暗い土の中で汚れたように見えたとしても、種は葉が伸び、穂が出て、収穫を迎えた畑に穂波が見えるのです。
 ルターはある時、あることについて熱心に祈り、神の御旨を知りたいと願いました。そして彼が聞いた神の御声は「わたしは説明しない」と言うことでした。
 神が説明なさらないということは、神が信頼していて下さるのです。あなたの経験の中で、今がどんなに暗い時でも、神の「後になれば」と言われる言葉を待つ人は神の祝福に与るのです。私たちも神の時を待ち望みつつ、歩ませて頂きましょう。

『谷間の泉』よりの抜粋
今週の礼拝メッセージ
(2016年11月27日)
第一アドベント礼拝式
「今日、救いがこの家に来た」
(ルカ十章一〜十六節)

今週の聖言
イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。
(ルカ十九章五節)


先週の礼拝メッセージ
(2016年11月20日)
収穫感謝日礼拝式
「約束された収穫」
(ルカ十章一〜十六節)

今週の聖言
「そのとき、彼らに言われた。『収穫は多いが働き人が少ない。だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい。」
(ルカ十章2節)